看護師悩み.com

看護師の日常生活での悩み

■看護師のダイエット

看護師は立ったままの作業が多く、病院内を歩く量も多いのであまり太らないイメージがあるかもしれません。病気ではきれいな看護師をよく見かけます。しかし、夜勤のある不規則な生活、ゆっくり食事を取る暇のない忙しさ、仕事や人間関係から来るストレスなど太る要素はたくさんあります。きれいな看護師であり続けるため毎日簡単にできるダイエットから始めましょう。

■食事の前に冷たい水は飲まない
外食すると食事の前に冷たい水を一杯出してくれますが、ダイエットしたいなら食事の前に飲み干してはいけません。冷たい水を飲むと胃腸が冷えます。胃腸が冷えると消化が悪くなり、食べても脂肪を燃やす温度が足りず、そのまま蓄えられてしまいます。暑い日でも冷たい水は少し口に含ませるだけにしましょう。

食事前には常温の水や糖質を含まないお茶を飲むとダイエット効果が期待できます。食事前に飲むことで胃をいっぱいにし、たくさん食べなくても満腹になるからです。必要な量は450ml、コップで2杯、ペットボトル1本分です。

■空腹で寝付くよりは夜食を食べた方が良い
残業で夕飯を食べる暇もなく、気が付いたら夜10時を過ぎていたという場合、何も食べずに寝てしまうと、寝ている間の新陳代謝が栄養不足のためきちんと行われません。疲れがとれず、美容にもよくありません。さらに血液中のタンパク質が減ってむくみの原因にもなります。高たんぱくで低カロリーな夜食であれば、ダイエット効果を邪魔しません。野菜たっぷりのみそ汁や豆腐のサラダがおススメです。

■脂肪燃焼促進下着を付けて仕事をする
ワコールが開発したクロスウォーカーという下着があります。クロスウォーカーは太もも部分の編み方にポイントがあり、ふとももの筋肉を刺激し、筋肉を大きく使う歩き方ができるようにサポートしてくれます。週5日ペースでクロスウォーカーを履いて1日6,000歩以上歩くと約1カ月で効果を実感できます。立ち仕事の多い看護師でしたら1日6,000歩は楽にクリアできそうです。

■おやつはほどほどに
間食が多いと太りやすくなってしまいます。そうは言っても一日走り回った後のチョコレートは本当においしいです。ストレス解消にもチョコレートは有効というデータがあります。間食は外せないという方は、間食のタイミングと内容に注意を払うと良いでしょう。夜勤明けですぐ寝る場合は甘いものは食べない、夜勤前に食べだめをしない、こんにゃくゼリーをおやつのレパートリーに含める、などが有効です。

看護師の皆さんの悩みを無料で解決!看護師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 口コミ
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師の悩みを解決してくれる無料サービス・2位以降はコチラ

→看護師悩みTOP

→看護師悩み解決ランキング

→看護師の職場での悩み

→看護師の日常生活での悩み

→職場の悩み・他

→転職の悩み・他

→リンク関連


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 看護師悩み.com All Rights Reserved.
[職場の悩み・他] 燃え尽き症候群 重労働 陰口 認知症病棟 上司 点滴 嫌がらせ 実習 精神科勤務 血液検査 リーダー業務 認定看護師 残業 医療事故 英語
ファーストレベル プリセプター制度 [転職の悩み・他] 転職回数 早期退職 企業への転職 退職の時期 クリニック勤務 未経験の科 公立病院勤務 ハローワーク
面接対策 前の職場をやめた理由 助産師になる 保健師になる 保険 ブランク 転職と年齢 志望動機の書き方 転職理由 託児所(預け先)
[日常生活の悩み・他] 出会い 妊娠 合コン 病院内恋愛 有給休暇 彼氏 睡眠障害 育児と仕事の両立 副業 夜勤バイト