看護師悩み.com

看護師の職場での悩み

■看護師の申し送り

新卒や経験がそれほど長くない看護師がぶつかる壁、悩むことが多いといわれているのが申し送りの悩みです。一般病棟や入院設備がある病院でも勤務では日勤から夜勤への申し送りが必須であり、それに慣れるまでには時間がかかります。ある程度経験は積んだものの、今でも正直言って慣れていないという人は多く、精神的にも疲れる時間と感じている人は多いです。

申し送りの基本は、勤務中に生じた変化内容や特記事項の送りの中に呼吸、循環関係、ADL、意識レベルなどの項目を入れて申し送ります。変化や特記がなければバイタルのみ送ることにありますが、この手順がスラスラと言えるようになるまでにも時間がかかるうえに、更に申し送られる側の看護師からの質問や対応方法についての指摘、改善など経験が浅い時のこの指摘が心に響くのです。

実は、経験の浅い看護師の場合、その患者の病状を正確に把握していなかったり、その病状が引き起こす、もしくは薬によって生じる副作用や急変の症状などを十分に理解していなかったりするケースが多いです。また頭ではわかっていても実際に症状を見たことがないので、その時の判断を間違うこともあります。そういった危険サインが出ているのに見落としてしまった場合は、やはり先輩看護師に指摘されてしまいます。指摘を素直に受け取ればよいかもしれませんが、それに個人的な経験が入ってきて、自分が正しいことをしていても修正されてしまうことにストレスを感じてしまう人が多いようです。

経験不足は知識と今後の経験でまかなうしかありませんが、せめてその時の申し送りをスムーズに行うことができるようになる必要があります。ぎこちない申し送りはその人のスキル不足を露呈しているようなものですから。とはいえ、看護業務の中で申し送りの資料を作るほどの余裕はありません。そこで、バイタル表などをコピーしてメモを活用することで、申し送る事項をまとめておき、必要事項をスムーズに送ることができるように工夫します。

苦手さが表に出てしまうと、どうしても上司の看護師が申し送りの内容そのものを疑ってしまいます。要点をまとめて伝えるようにし、逆に質問を受けた時にしどろもどろで答えないよう、一発目の申し送りでできるだけの情報を送るようにしましょう。もちろん、指摘されたところは次回に意識する。それらを繰り返すことによってシーンと静まり返った申し送りの時間に対して自信が付くことで、発声も大きくなり、内容も明確になっていきます。

看護師の皆さんの悩みを無料で解決!看護師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 口コミ
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師の悩みを解決してくれる無料サービス・2位以降はコチラ

→看護師悩みTOP

→看護師悩み解決ランキング

→看護師の職場での悩み

→看護師の日常生活での悩み

→職場の悩み・他

→転職の悩み・他

→リンク関連


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 看護師悩み.com All Rights Reserved.
[職場の悩み・他] 燃え尽き症候群 重労働 陰口 認知症病棟 上司 点滴 嫌がらせ 実習 精神科勤務 血液検査 リーダー業務 認定看護師 残業 医療事故 英語
ファーストレベル プリセプター制度 [転職の悩み・他] 転職回数 早期退職 企業への転職 退職の時期 クリニック勤務 未経験の科 公立病院勤務 ハローワーク
面接対策 前の職場をやめた理由 助産師になる 保健師になる 保険 ブランク 転職と年齢 志望動機の書き方 転職理由 託児所(預け先)
[日常生活の悩み・他] 出会い 妊娠 合コン 病院内恋愛 有給休暇 彼氏 睡眠障害 育児と仕事の両立 副業 夜勤バイト