看護師悩み.com

看護師の日常生活での悩み

■看護師パートの悩み

■給料は安いのに仕事量は同じ
求人情報に「パート」と書いてあっても拘束時間が短いとは限りません。1日8時間、週5日勤務のパートもあるからです。パートは時給で給料が計算されますので、同じ時間働いていても月給制の正社員にはるかに劣ります。フルタイムで働いた経験がある看護師は、あまりのギャップにあ然とします。

求人情報をチェックする際には、勤務時間にも注意を払いましょう。月に何時間残業するか、時間と頻度も見てください。パートとしての契約時間は短くても残業時間を加えるとフルタイムとあまり変わらないこともあります。また、正規の看護師の残業時間も調べておきましょう。残業が当たり前の職場では、パートだからと言って定時に抜けにくい雰囲気があります。

パートなら、責任がある重い仕事は回ってこないので給料が安くても仕方がないという考えもあるでしょう。しかし、病院によってはパート看護師に新人看護師のプリセプターを任せたり、部屋持ちをさせたり、委員会への出席を求めることがあります。有能な看護師が育休明けにパートとして復職した場合、周りの期待も大きいので、これが負担になる場合もあります。

■居場所がない
職場にパートで働く看護師が一人しかいないと、職場で孤立してしまうことがあります。パートで働く看護師は残業できないことが多く、途中で帰ってしまうので、正規で働く看護師もどう接していいのか、どこまで仕事を分担できるのかわからず、両者の溝が開いてしまうのです。それでも謙虚で人当たりの良い性格であれば、正規看護師とも徐々に打ち解け、楽しく働けるのですが、既にパートの看護師が働いている勤務先を探す方がベターです。

■雑用ばかりでつまらない
残業ができないことに配慮して、責任の少ない仕事だけを任される場合もあります。患者さんの体を拭いてあげたり、正規で働いている看護師のサポートをしたりはまだ良い方で、コピー取りや掃除が多いと看護師として働いている理由があるのか不安になります。面接の時に自分が行う業務について病院側の考えをよく聞いておきましょう。

■扶養範囲を出てしまう
看護師は国家資格ですので、パートであっても給料が高めです。配偶者の扶養範囲で働きたいと思っている場合、頼まれてどんどん働いてしまうと年収が扶養範囲を超えてします。配偶者はあなたの扶養控除を使えなくなりますので、一家で払う税金が上がってしまいます。どこの病院でも1年のうち忙しい時期とそうでもない時期がありますので、忙しくない時期にはシフトを少なくしてもらえるよう交渉しましょう。

看護師の皆さんの悩みを無料で解決!看護師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 口コミ
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師の悩みを解決してくれる無料サービス・2位以降はコチラ

→看護師悩みTOP

→看護師悩み解決ランキング

→看護師の職場での悩み

→看護師の日常生活での悩み

→職場の悩み・他

→転職の悩み・他

→リンク関連


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 看護師悩み.com All Rights Reserved.
[職場の悩み・他] 燃え尽き症候群 重労働 陰口 認知症病棟 上司 点滴 嫌がらせ 実習 精神科勤務 血液検査 リーダー業務 認定看護師 残業 医療事故 英語
ファーストレベル プリセプター制度 [転職の悩み・他] 転職回数 早期退職 企業への転職 退職の時期 クリニック勤務 未経験の科 公立病院勤務 ハローワーク
面接対策 前の職場をやめた理由 助産師になる 保健師になる 保険 ブランク 転職と年齢 志望動機の書き方 転職理由 託児所(預け先)
[日常生活の悩み・他] 出会い 妊娠 合コン 病院内恋愛 有給休暇 彼氏 睡眠障害 育児と仕事の両立 副業 夜勤バイト