看護師悩み.com

看護師の日常生活での悩み

■看護師の産休・育休

女性の多い看護師という職種にとって、出産は多くの人が経験する人生最大のイベントです。できれば、仕事など考えないでそちらに集中したいものですが、仕事という責任を果たすためにはそのイベントが仕事上の障害になることがあります。できるだけ職場に迷惑をかけないようにしたい。そう思って頑張ってしまう人も多い理由は、職場の周りの人からの目である場合が多いです。

例えば出産。お腹にお子さんがいる場合はどうしても仕事のパフォーマンスが落ちます。それに、周りに気を遣わせてしまって、自分に満足のいく仕事ができないと悩んでしまったり、頑張ってしまったりするママも多いです。確かに頑張ることは大切ですが、問題はだれのために頑張っているかです。全てはおなかの赤ちゃんのためであり、職場の自分に対する評価や周りの目を気にして頑張るものではありません。特に妊娠が分かった場合は、できるだけ職場を異動せずにそのまま継続するように心がけます。なぜなら、妊娠期間に転職に成功することはまずありませんし、嘘をついて入職しても後に大きな問題に発展することがあります。

出産といっても、ある程度お腹が大きくなるまでは事実働いている人が多いです。周りの目を気にして働き続けるその理由は、育児休暇の所得にあります。育児は母親が行うケースがほとんどであり、仕事を放棄して行わなければならない行為です。というか、母親がないと母乳で育てることはできませんし、母親だからできることがたくさんあり、とても男性がそれをまかなうことはできません。

出産と育休は必ずセットになって訪れるものであり、特に育休は1年間法的に認められた休暇です。育休前の給与の50%を1年以内の育休設定で、月数分だけ給与をもらうことができます。病院としては働いていない職員の給与を払わなければならないことになりますが、その分迷惑をかけてしまうと思った際には、しっかり妊娠を報告し、育児休暇の計画的な取得を取ること、そしてその準備を行い自分の責任の仕事はしっかり終了させてから育児休暇に入ることです。

育児休暇も出産も必ず病院任務を休むことになります。そこで無理してしまうと、自分だけでなく大切な子供にも影響を与えることになります。そもそも、自分の身を守れないなら、人生の大切さを子供に教えることはできません。病院には迷惑をかけてしまうかもしれませんが、その分育休明けにはしっかり戻って会社に奉仕すればよいわけですから。

看護師の皆さんの悩みを無料で解決!看護師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 口コミ
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師の悩みを解決してくれる無料サービス・2位以降はコチラ

→看護師悩みTOP

→看護師悩み解決ランキング

→看護師の職場での悩み

→看護師の日常生活での悩み

→職場の悩み・他

→転職の悩み・他

→リンク関連


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 看護師悩み.com All Rights Reserved.
[職場の悩み・他] 燃え尽き症候群 重労働 陰口 認知症病棟 上司 点滴 嫌がらせ 実習 精神科勤務 血液検査 リーダー業務 認定看護師 残業 医療事故 英語
ファーストレベル プリセプター制度 [転職の悩み・他] 転職回数 早期退職 企業への転職 退職の時期 クリニック勤務 未経験の科 公立病院勤務 ハローワーク
面接対策 前の職場をやめた理由 助産師になる 保健師になる 保険 ブランク 転職と年齢 志望動機の書き方 転職理由 託児所(預け先)
[日常生活の悩み・他] 出会い 妊娠 合コン 病院内恋愛 有給休暇 彼氏 睡眠障害 育児と仕事の両立 副業 夜勤バイト